強みと想い
一級建築士
 一級建築士として、御施主様の夢や希望を叶えてきました。
 「まちづくり」は「いえづくり」と同じです。市民の皆様の意見や希望を汲み取り、専門家達と共に知見を活かして、地域の特性を活かすグランドデザインを作り、実現していきます。
 これまでも、国のまちづくり補助金の情報を得て、山ノ内地区の商店街のLED化・防犯カメラ設置・AED設置事業の補助金申請を行いました。防犯カメラが、犯人逮捕に貢献し、安心安全な地域として評価されており、鎌倉市全体を更に安全安心快適なまちにしたいです。
教育改革
 学校評議員や理科支援員としての経験があり、直接教育現場を見てきたので、現場の抱えている課題や悩みが分かります。いじめ防止や学習のつまずきを防止する事は勿論の事、図書館の整備、学びたい事を学びたいだけ学べる学習スペースづくりや、鎌倉で育つからこそ得られる学びの場をつくり、未来を担って行く子供達を力いっぱい応援したいです。
介護予防
 私には、祖母と両親の介護経験が有ります。本格的な高齢社会に突入していく中で、介護事業費の増大は財政の圧迫要因となっています。
 介護問題は、決して他人事ではありません。元気で長生きを目標に、健康診断項目の見直しや健康診断の促進、健康促進事業に力を注ぎ、鎌倉市を介護予防先進都市にしたいと考えています。
政策提案


住民の負担を軽くする
  • 改革(財政改革・議会改革・行政改革)で財源を作り、市民サービスを向上(社会保障制度改革・教育改革・高齢者支援・子育て支援・弱者支援など)。
  • これ以上、住民税の負担を増やさない。
  • 国や県、企業の補助金制度の情報を得て、利用し、鎌倉市の整備を行う。
観光客に受益者負担を求める
  • 観光客にも、鎌倉の環境保持整備(自然環境保護・景観保護・遺跡保護・文化財保護・伝統文化保護・海、川、緑の手入れ・ゴミ処理対策・通行の安全・騒音防止・渋滞対策)や観光地特有の防災対策の為に、鎌倉環境保護税を御負担頂く。
  • 宿泊税で、税負担をして頂く。
  • 観光関所・ロードプライシングで、税負担をして頂く。
住民相談窓口の充実
  • 住民の困り事を早期発見し、素早く対応する為の『市民コンシェルジュ(御用聞き)』を、各中学校単位に作り、地域住民の集まれる場所『まちサロン』で、顔の見える関係の中で、地域住民の細やかなサポートを行う。
安心安全快適まちづくり
  • 新古品の回収とリサイクル品のあっせん・マッチングを行い、ゴミを資源に変えて行く。
  • 安心できるまちにするために、防犯・防災危機管理を徹底する。
  • 『コミュニティ・バス』で、住民の移動手段を確保する。
  • 公園や広場を増やす。
  • 顔の見える関係を作る為のサポート。
  • 商店街の充実をし、歩ける範囲で生活用品が揃う環境を整える。

理想
  • 財政改革
  • 議会改革
  • 行政改革
  • 教育改革
  • 社会保障制度改革
  • 改革(細やかな見直しと改善)で財源を作り、必要な所へ回していく
  • セーフティネット強化のための相談窓口『市民コンシェルジュ』の創設
  • 子育て支援(教育への投資・塾代助成制度・図書館整備・登校拒否いじめ対策)
  • 高齢者支援(『御用聞き』制度の創設・コミュニティ循環ミニバス・健康長寿予防医療・医療介護一元化)
  • 真の弱者支援(セーフティネット強化・貧困対策・福祉の充実)
  • 安心(防犯対策・医療介護福祉体制の充実)
  • 安全(防災・危機管理対策・避難計画・地産食の安全・道路整備)
  • 快適(渋滞緩和対策ロードプライシング・渋滞緩和対策パークアンドライド・オリンピックやインバウンドに向けて住民にストレスを与えない観光客誘致対策)
  • 健康(予防医療の充実・健康診断推進・健康診断項目の見直し)
  • 観光客への鎌倉観光税導入(自然環境、景観、遺跡、文化財、伝統文化などの保護税・宿泊施設などの宿泊税・トイレ整備、ゴミ対策などの整備税)
  • 鎌倉の良さを護り残す(自然環境保護・景観保護・遺跡保護・文化財保護・伝統文化保護・食の地域性と多様性の保護)
  • この先の鎌倉を創る(財源確保・グランドデザイン・景観・企業誘致・地元雇用の確保・生涯学習の環境)
  • コミュニティ形成支援(顔の見える関係の構築・住民の集まれる場所『まちサロン』作り・お祭り)
  • 商店街活性支援(『御用聞き』・顔が見える関係の構築・地域住民の台所、命綱としての位置づけ・人を集める広場としての位置づけ)
  • 人材育成(匠や職人の技の伝承、育成・生涯学習の環境整備)